top of page

ドローン空撮実績

​難しいフライトプランでも如何にして飛ぶかを考える

Office Slàinteでは、お問い合わせいただいた撮影の内容や場所に関わらず、まず如何にしてご要望いただいた映像を形にすることを考えます。

ドローン空撮を実施するためには、関連法令に対する対策が必須です。

せっかく撮影した映像がコンプライアンスを理由に使用不可になってしまってはいけません。Office Slàinteのドローン空撮サービスでは、一般的な年間包括飛行許可承認に加えて、ドローンによる映像素材の撮影に必要な飛行形態に対応できるよう、徹底した法規制対策を行ってフライトに挑みます。

もちろん、法規制への対策だけでは解決しない場合もあります。

ほとんどの場合は発着環境がドローンの飛行実施可否に影響を及ぼしますが、水上や移動体であっても基本的に飛行不可の理由ではありません。

ドローンの離着陸ができない環境は、地上カメラでも進入が困難である場合がほとんど。その状況でドローンが飛べないとあっては意味がありませんから。

​過去の撮影実績は以下でご紹介。

事業理念と空撮実績: ようこそ!
bottom of page