top of page

空撮お申し込みの流れ

​​ご依頼からフライト、データの納品まで

1. ご依頼・ご相談

ドローン空撮のご依頼・ご相談は問合せページよりご連絡ください。後ほど担当者よりご連絡差し上げます。
なお、撮影現場の住所や撮影目的などを記載いただけますと、その後のやり取りがスムーズになります。

2. 空撮料金のお見積もり

ご希望の撮影プランと頂いた撮影現場の情報を基に、撮影料金のお見積もりをさせていただきます。
おおよその費用感では、大阪府内での半日の撮影では90,000円前後、神戸や京都などの大阪府外近郊地域では、100,000円から120,000円程度となります。
撮影現場の所在地如何では出張料を頂戴しない場合もございます。

​3. 撮影日程の調整

お見積もり内容にご納得頂きご依頼いただけた場合、撮影日程の調整に移らせていただきます。

ドローンの性質上、雨天荒天時は飛行ができません。また、晴天であっても飛行に危険を及ぼす恐れのある風速が予想されている場合も同様です。

ご要望の日程をお聞かせいただいた上で、気象情報を基に空撮日程のご提案をさせていただきます。

尚、撮影日程​やお見積もりの内容によっては、事前に撮影代金総額の30%を前金として頂戴する場合もございます。

4. フライト本番

空撮日程が定まりましたらいよいよフライトです。お客様には原則撮影する現場でのお立ち会いをお願いしております。
お客様都合での日程の変更は、現場への移動開始前に限り対応いたします。但し、日程の変更に際し追加費用が発生する場合もございます。

5. 撮影データのお渡し

撮影した写真や動画データは、記録メディアをご用意頂ければその場でお渡しが可能です。

通常は、一旦データを持ち帰り写真は現像色補正を行った上で、ご希望のデータ形式にてお渡しいたします。

動画データに関しましては、少容量であれば写真と同様にデータ納品とさせて頂きます。

この場合、オンラインストレージからダウンロードいただく形を取らせて頂きます。

DVD等を用いたメディア納品の場合は、ディスク1枚につき、1,000円(税別)頂戴いたします。

​6. ご請求

データのお渡しと同時にご請求書面をお送りさせていただきます。紙媒体でのご請求書が必要な場合は、お申し付けください。
尚、現場での作業内容や各種手続き
によっては、ご請求に際しまして当初のお見積もり額からご請求額が増減する場合もございますので、悪しからずご了承下さい。

空撮お申し込みの流れ: よくある質問

よくある質問

​​撮影予定日まで日数がありませんが対応していただけますか?

空撮のご依頼は原則2週間以上先の日程表をご指定頂いておりますが、ドローンの飛行条件や撮影現場の環境によっては、最短で当日の対応も可能です。

​撮影データ形式は選べますか?

使用機材のご指定がなければ、画像はJPEGやTIFFなどの形式やRAWデータのお渡しも可能です。
動画の場合は、MOVまたはMP4形式でのお渡しとなります。
その他、エンコードの変更にも対応できる場合がございます。

ドローンの飛行許可申請が必要ですか?

ドローンの飛行に必要となる国土交通省の許認可については、人口集中地区での飛行許可に加えて、夜間飛行、目視外飛行、第三者へ接近する飛行の承認を国土交通省大阪航空局より得ております。
また、本来個別の申請が必要となる人口集中地区内における目視外飛行についても特定条件下で制限の緩和を承認されています。

現場が空港施設の近くにありますが、空撮を実施することはできますか?

空港施設周辺でのドローンの飛行は航空法により制限が設けられています。また、特定の空港では飛行禁止区域が設けられている場所もございますので、現場所在地を確認させて頂いた上で、対象空港との調整に移る事となります。

​飛行条件によっては、個別に飛行許可申請が必要となりますので、撮影実施までお時間を頂戴する場合がございます。

​​空港周辺での空撮については、追加費用が発生いたします。

高層マンションの撮影をお願いしたいです。
屋上からの離陸は可能ですか?

可能です。
ただし、建物の高さが150mを超える場合やドローン飛行高度が地上高150mを超える場合は、国土交通省への個別飛行許可が必要となります。
その場合、申請に係る時間と追加費用が発生いたします。

自分達でドローンを飛ばしたいのですが、サポートしていただけますか?

ご希望の形態で各種サポートをさせて頂きます。機体の選択から許認可申請、飛行の準備など豊富な専門知識を活かし、お客様のお手伝いをさせていただきます。

お問い合わせフォームよりその旨お伝えください。

ドローンは持っています。そのドローンを飛ばして貰えませんか?

​オペレーター派遣プランで対応可能です。フライト実施に際しまして、飛行許可承認申請(機体の追加)をお行いますので、事前に使用機を確認する時間を頂戴しております。

​​飛行許可承認申請を手伝ってほしいです。

DIPS上での飛行許可申請のお手伝いが可能です。料金も行政書士の申請代行よりもリーズナブルです。
また、提携行政書士による申請代行も承っておりますので、丸投げ頂いても大丈夫です。

空撮お申し込みの流れ: よくある質問
bottom of page