top of page

ドローン法規制|第9章 包括飛行許可承認の落とし穴

第8章までに取り上げたそれぞれの法規制は、ドローンで空撮をしようとした時に、覚えておくべき法律です。 航空法により禁止されている行為の内、一部の飛行形態では国土交通省航空局に対して申請を行い、飛行禁止場所での飛行許可、航空法規制に依らない飛行方法の承認を得る事により、禁止行...

ドローン法規制|第8章 空撮をするのに必要な許認可は?

第1章から第7章に取り上げた内容は、「空撮基本4原則」としてドローン空撮をする上では、ほぼ確実に許可・承認が必要となる4つの法規制を紹介しています。 人口集中地区の飛行許可は必須と考えていい 日本の全国土からすると、人口集中地区に指定されている赤塗りの地域は本の一部でしかあ...

ドローン法規制|第7章 第三者との安全距離確保

飛行させているドローンを無闇に人や者に近づけるのは、さすがに危険極まりない行為です。 特にそれが無関係な第三者であったなら、尚更です。 当該無人航空機と地上又は水上の人又は物件との間に国土交通省令で定める距離を保つて飛行させること。(航空法第132条の2 第7号)...

ドローン法規制|第6章 直接目視監視と目視外飛行

ドローン空撮をする上で絶対と言っていいほど必要となる飛行方法が目視外飛行。 しかし航空法には、 当該無人航空機及びその周囲の状況を目視により常時監視して飛行させること。(航空法第132条の2 第6号) こう書かれてしまっています。...

ドローン法規制|第5章 夜間飛行の禁止と対策

第5章からは、ドローンの飛行方法の規制の内、2015年12月10日に追加された飛行の方法に関する規定を取り上げます。 今回は、ドローンの夜間飛行について。 夜間のドローン飛行は危険か否か。こういう議論はあるのかないのか、はたまた何も考えていないのか。...

ドローン法規制|第3章 人口集中地区での飛行規制

最もポピュラーなドローンの飛行規制じゃないでしょうか。R/CヘリコプターやR/C飛行機ではなかなか飛ばすことのなかった街中でも、近年の高性能ドローンであれば飛行させる可能性がある。それが可能とする性能も十分に有しています。...

ドローン法規制|第2章 高さの制限

航空法第9章の最初に書かれている条文は、飛行場所に関する規制です。「街中で飛ばしてはいけない」や「空港周辺では飛ばしてはいけない」と言うアレです。 無人航空機の飛行により航空機の航行の安全に影響を及ぼすおそれがあるものとして国土交通省令で定める空域無人航空機の飛行により航空...

ドローン法規制|Introduction

規制大国である日本。 規制がある事自体はは悪いことでは無いのですが、日本の場合は一度規制ができてしまうと、内容が見直される頻度が少ないのが難点です。 それで時間が経つと岩盤規制に… 法規制の恣意的な運用も気になるところですが、現状はそれ以前にまともに取締りができていないこと...

ブログ: Blog2
bottom of page